2018年度海外支援事業におけるボランティア募集について

 2015年に発足した国際委員会は、発展途上国への技術支援事業を行うとともに、会員の国際化を推進するための方法を模索してまいりました。過去3年間の活動で築いた海外の学会や医療機関とのネットワークを活かすことで、会員の皆さまにも海外の透析事情を実体験して頂くことのできる機会を設けることができるようになりました。そこで、ボランティアとして、本学会が主催する海外での技術支援活動へ同行していただける方を募集します。海外の透析事情を知り、日本の透析療法を振り返ることで、ご自身のスキルアップに繋げていただければと考えています。
募集要項をご覧いただき、指定の申込書に必要事項をご記入の上、お申込みください。
募集要項&申込書 pdf
申込書 MS-Word
問合せ先:kokusai@jyouka.com

第45回学術大会よくわかるセミナー

 第45回学術大会よくわかるセミナーでは、国際委員会からは、「英語発表のススメ」という講演をさせていただきました。発表終了後、何人かの方から、発表の資料が欲しいとのご意見をいただきました。また、今回、聞きに来られなかったけど、今後、英語発表をしてみたい、という人の参考になるというご意見もいただきました。そこで、スライドだけを見ても理解できるように、元のスライドに説明を加えて、スライド資料(音声無し)として作り直しました。ぜひ、ご活用ください。

 なお、昨年の44回学術大会から、英語化したスライドを用いた発表を行う英語セッションでの発表が行われています。まずはスライドを英語することが必須ですが、発表そのものは英語でも日本語でもOKです。皆様の英語での発表における“英語への不慣れ”を解消する機会としても、こちらもご活用いただければ、と考えています。

小久保謙一
(北里大学医療衛生学部/日本血液浄化技術学会国際委員会)
※注 スライドは、SlideShareを使って表示しています。スライドが上手く表示されない場合は、ページの再読み込みをしてみてください。











国際委員会活動報告(2016年度)

国際委員会は2015年度に発足致しました。現在、発展途上国への技術支援 事業、会員の国際化を推進するための事業、学会の国際化に向けた事業 を三本柱に活動を進めております。そのうち、発展途上国への技術支援事 業を目的とした2016年度の活動について、ここで、紹介させていただきます。

東南アジアの発展途上国への技術支援では、これまで、NPOいつでもどこでも血液浄化インタナショナルが中心となって、道なき道を進む活動をしていました。特に、カンボジア、ミャンマー、ベトナムを中心に活動が行わ れ、今では、それらの国における透析液清浄化や継続的な水質管理に向けた指導実施までが行われるようになっています。

私たちもこの活動を継続する形で、さらに、メンテナンスや日常管理について技術協力を行うべく、活動を開始しました。また、新たにシンガポール、 タイ、モンゴル、ラオスといった国とも技術協力の可能性を探るべく調査に行きました。
国際委員会
委員長 小久保謙一

シンガポール New

期間: 2016年8月27日~2016年8月29日

場所: KDF Bishan Centre

参加者: 小島 萌(国際委員会)、楢村 友隆(国際委員会)

モンゴル New

期間: 2016年8月21日~2016年8月24日

場所: 国立第一病院、国立第二病院、国立第三病院、国立がんセンター、国立母子保健センター、LUX透析センター、UBMed総合病院

参加者: 山本 裕子(国際委員会)、桜沢 貴俊(国際委員会)

ミャンマー New

期間: 2016年8月22日~2016年8月26日

場所: Zabuthiri Specialist Hospital HD Unit、1000 Bedded Nay Pyi Taw General Hospital(ネピドー市)、Yangon Specialty Hospital、Thingangyun Sanpya General Hospital(ヤンゴン市)、Mandalay General Hospital(マンダレー市)

参加者: 小久 保謙一(国際委員会)、宮本 照彦(国際委員会)、山本 裕子(国際委員会)、安部 貴之(国際委員会)、瀧澤 亜由美(国際委員会)、木村 絵美(国際委員会)、浦辺 俊一郎(国際委員会)、張 同輝 (ハートライフ病院)、徳田 勝哉(南風病院)、齋藤 慎 (公立富岡総合病院)、栗原 佳孝(橋本クリニック)、佐藤 千晶(ミャンマーユタニ)、現地エンジニア(ミャンマーユタニ)

ベトナム New

期間: 2016年10月21日

場所: Da Nang 市

参加者: 小久保 謙一(国際委員会)、松原 弘和(国際委員会)、兵藤 透(えいじんクリニック院長)、山下 明泰(法政大学生命科学部環境応用化学科 教授)、植田 敦志(筑波大学附属病院日立社会連携教育センター 准教授)、田村 智子(大野記念病院 管理栄養士)、Nguyen Duc Nam(TUC Vietnam)


期間: 2016年7月30日~2016年8月27日
    2016年10月13日~2016年10月14日

場所: Nguyen Tri Phuong病院(ホーチミン市)

参加者: 松原 弘和(国際委員会)、兵藤 透(えいじんクリニック 院長)、松村 俊彦(田中泌尿器科医院 臨床工学技士)、山中 智博(田中泌尿器科医院 臨床工学技士)、東幸 弘(田中泌尿器科医院 臨床工学技士)、吉村 陽平(田中泌尿器科医院 臨床工学技士)、青山 剛(田中泌尿器科医院 臨床工学技士)、Nguyen Duc Nam(TUC Vietnam)

タイ New

期間: 2016年8月26日~2016年8月29日

場所: Chulalongkorn Hospital、腎看護協会

参加者: 楢村 友隆(国際委員会)、小島 萌(国際委員会)

ラオス New

期間: 2016年8月14日~2016年8月20日

場所: Mittaphab Hospital

参加者: 安部 貴之(国際委員会)、瀧澤 亜由美(国際委員会)

▲上に戻る